進学をお考えの方へ

 

吉田グループでは本学内に加えて他大学からの修士及び博士課程学生を歓迎しています。 最新の測定技術に基づく大気、海洋、陸域における地球環境物質の循環過程に関する研究が可能です。意欲高い学生さんの参加をお待ちしています!

本グループへ所属するためには、以下の教員を志望してください。

吉田研究室(吉田+服部)への進学を希望される方は、物質理工学院 応用化学系(D群)、又は環境・社会理工学院 融合理工学系 地球環境共創コースを受験してください。

豊田研究室への進学を希望される方は、物質理工学院 応用化学系(D群)を受験してください。

山田研究室への進学を希望される方は、物質理工学院 応用化学系(D群)を受験してください。

 入学試験の方法と見学

[NEW!!] 募集要項が公開されました!(こちら)
・来年度大学院入試の試験概要
・各学院の想定問題など

平成28年10月以降に大学院入学を予定している方を対象として、以下の要領で進学相談会を開催いたします。

*物質理工学院の進学相談会の日程

大学院説明会・研究室見学を行っています!他大学からの進学も歓迎しますので、是非見学に来て下さい!(こちら)<

2017年3月29日(水)11:00 - 12:20 すずかけ台キャンパス H1・2棟(大学会館) 3階 多目的ホール

2017年4月15日(土)11:00 - 12:20 すずかけ台キャンパス H1・2棟(大学会館) 3階 多目的ホール

2017年5月12日(金)10:30 - 11:50 すずかけ台キャンパス S8棟(元素戦略研究センター) 1階 レクチャーホール

2017年5月13日(土)11:00 - 12:20 すずかけ台キャンパス J2棟 2階 J221講義室

2017年6月10日(土)11:00 - 12:20 すずかけ台キャンパス H1・2棟(大学会館) 3階 多目的ホール

※ 環境社会理工学院の説明会は、こちらを確認してください。

 研究テーマについて

現在研究室で取り組んでいる研究に関しては別ページにまとめてありますので、そちらをご覧ください。本研究室に所属した学生はそれぞれの興味や関心に従い、教員やスタッフと相談しつつ研究テーマを設定していきます。 吉田先生は「おおいにサイエンスをやりましょう!」というとても開いた雰囲気の先生なので、自身の興味・関心を”おおいに”活かして研究を進めることができます。外部研究機関との共同研究も盛んで、国内だけでなく国外で共同研究を行う学生もいます。 また、研究室紹介が日本地球化学会のHPに掲載されていますので、こちらもご参照ください。

 学部・修士の専門分野に関して

本研究室では安定同位体およびアイソトポマー手法を用いた研究を実施していますが, 学部(修士)の専門分野が違っていても心配する必要はありません。吉田グループに所属する多くの学生は、修士(もしくは博士)から安定同位体手法を用いた研究をスタートさせています。むしろ、それまでの化学、物理、生命科学、地球惑星科学,農学など様々なバックグラウンドを活かして研究テーマを設定し取り組んでいる学生も多いです。ご安心を。

 学部生の受け入れも行っています。

卒研生として理学部地球惑星科学科や工学部化学工学科応用化学コース等から学部4年生を例年1-2名程度受け入れています。 大岡山キャンパスから少し離れますが、緑の多いすずかけ台キャンパスで新たな気持ちで研究をしたい方、環境分野の視点で地球化学研究を行いたい方はぜひ1度遊びに来てみてください。

 博士課程進学をお考えの方へ

博士課程学生が多く在籍しているのも、本研究室の特徴のひとつです。過去10年(2008-2017年度)では8名が日本学術振興会特別研究員DCとして採用されています。 2012年度からは博士課程教育リーディングプログラム「環境エネルギー協創教育院」にも参画しているおり、修士-博士一貫教育コース(研究奨励金の支援あり)にも参加することが可能です (要申請;審査あり;詳しくはこちら)。また、社会人博士も多く輩出しております。まずはご相談ください。

 まずは見学へ!

大学院における研究室は、人生における2年もしくは5年を過ごす場所ですから、大事に選んでください。 また研究は人と人とで作り上げるものですから、是非一度見学や相談にお越し下さい。 おいしいコーヒーとお菓子を用意してお待ちしております。専攻説明会のあと見学に来ていただくのが一番スムーズかと思いますが、 ご都合が合わない方は先生方に直接アポイトメントをお取りになりご来訪ください。本研究室はすずかけ台キャンパスのG1棟に位置し、吉田先生の居室は214号室、山田先生の居室は210号室、服部さんは218号室です。各教員の連絡先はこちらをご覧ください。